あかねの日記

惰性で続けるブログ

柔らかいトリュフが恋しい

先週は掃除機が壊れたせいで掃除が未完に終わってしまったが、今週は満足いくまでできた。フローリングもお風呂も磨いてスッキリ。新makitaの使い方にもだいぶ慣れてきた。腕がだるくならない動き方を習得。しかし、掃除機の手入れのしやすさについてはもうちょっと改善したい。フィルターにものすごくホコリが溜まるぞ。

 

美味しいチョコレートを食べたくていくつか店をのぞいてみたが、私が探しているものは見つからなかった。マテスのファンタジートリュフや、無印で売ってた柔らかいトリュフみたいなのを求めている。が、冬季限定だったりして、今の時期にはとんと見かけない。バレンタインデー前後はあんなにも充実していたというのに。

食後にチョコレートを一粒つまむと、ものすごく満たされた感がある。最後のピースがはまった感じ。大事に食べているが、ふと気が付けば残り少なくなっている。年中安定供給できるといいのに。

おしゃれチョコレートを置いていそうな一角を通りすがりにチェックしているが、なかなか柔らかトリュフに匹敵するものは見つからない。スーパーでちょっといい系のチョコレートを買ってみたりもしたけれど、コレジャナイ感がすごい。とりあえずは、たまにリンドールを買ってしのいでいる。安定のリンドール。意外に売っている場所が多くて手に入りやすい。

冬のいいところは、羽毛布団や着る毛布が最高に心地よいところと、美味しいチョコレートが充実しているところだな。

 

夜に筋トレやヨガをするときは眼鏡を外すが、適当なところに置いてしまうので後から見つけられない。すぐそこにあっても、眼が悪すぎて検出できず。おばあちゃんか。

 

消耗の少なめな金曜日、キッズのUTがかわいい

最近は魔の金曜日だったが、今週は荒れることなく終わった。ひとときの安堵と達成感。心配だった分、いろいろ準備しておいたお陰もあると思いたい。

振り返って分かる、あの時が特に大変だった。悪いことが重なるときは重なる。

来週やるべきことはもちろんあるが、それがいい感じのプレッシャーになっている。今週の分が一段落し、次の方向が見えてきて、ひたすら進めるのみという感じ。

今後も決して順風満帆というわけにはいかないだろうが、引き続き自分のできることを頑張ろうと思った。

明日の心配も来週の不安もなく、適度に満足して週末を迎えられることが嬉しい。

 

金曜日の帰り道、ユニクロに寄って今週の値下げ品をチェックする。まずはネットで確認して、良さそうなものがあったら店舗へ行ってみることが多い。

娘用に、ちいかわ×サンリオのTシャツと、mofusandoのTシャツを数枚買った。うん、かわいい。自分なら子供だったとしても絶対着ないであろうかわいさ。でも買うのはとても楽しい。娘は喜んで着てくれるのでwin-winの関係。

 

コモンマロウを続々と乾燥中。こんな乾かし方で良いのかよく分からないが、他の植物とブレンドしてハーブティーにできそうな量になってきた。蕾も次々とできている。

 

少しやる気、言語化能力低レベル

暑くはないけど爽やかでもない、ちょっとじめっとした一日。

髪は難なく結べるくらいの長さになって、やっぱりまとめられると便利だなあと思う瞬間が増えた。

 

ゴールデンウィークが明けてからやる気が迷子で、今週も上向きそうで上向かなかったが、やっと戻ってきた感じがある。ということで今日は集中して仕事をできた。

自分のモチベーションが何がきっかけで上がったり下がったりするのか、いまだによく分からない。そもそも容易くコントロールできるものだと思わない方がよいのかもしれないけれど。そしてモチベーションが低いときに坦々と過ごす術も、いつでも試行錯誤である。

とりあえず、「これは休まんといかんな」と察知したときは休む。一方で、「疲れ気味だけどやっときたいな」と思ったことはやってみる。大変なことでも簡単なことでも、おもしろそうだからやってみようと思えるかどうか、結局はそれが根幹になるんだろうな。

 

厄介なメッセージをもらったときは混乱するので、自分も厄介なメッセージは送りたくないなあと思ってしまう。それでも伝えなければならないときはあるので、毎回脳みそに汗をかきながら何とかひねり出している。

簡単な連絡ならメッセージで充分だけれども、込み入った説明になると話した方がやりやすい。こちらの意図を伝えつつ、誤解が生じないような文章となると、どうしても複雑かつ長くなりがちで大変である。

相手のレベルに合わせたそれなりに長さのある文章を即座に打ち返す人を見ると、自分の反応の悪さに驚くばかりである。頭の中が混乱している。とっさに言葉が出てこない。別に難しくないやりとりでも、一言一句にけっこう悩んでしまう。そして不自然な文章が完成。

 

ふかふかの安心感

当たり前だが、外が暑い。

出かけるときはストールやマフラーを巻きたい派だが、それが厳しい季節になってきた。何か巻いてる方が、首元が寂しくなくてバランス的に良いし、安心感があって好きなのだ。

日焼け対策になるとはいえ、素材を夏用のリネンに変えても暑苦しい。体温が上がり過ぎて健康によくなさそうである。クーラー効きすぎの室内では羽織として役立つこともあるが、持ち歩くときにちょっと荷物になる。鞄に突っ込んでおくより、首元に巻いている方がかさばらなくて助かる。

大判でボリュームがあって、夏に巻いても暑さがきにならないストールが欲しい。ファッション性を無視して涼しさを追求するのであれば冷感タオルでも巻いておけばよさそうだが、私が求めているのはそういうのじゃない。

 

それと同様に、暖かいけど暑くならない夏用の羽毛布団が欲しい。冬用のボリュームと重みを兼ね備え、包まると適度な快適さにより、別空間にトリップしたかのように感じられる布団。薄い布団やガーゼケットでは物足りない。クーラーを効かせた部屋でニトリのNクール敷パッドを使い、   そこに羽毛布団を掛けたとしても、体は普通に暑くて危険である。

もう一つおまけに、ふかふかだけど暑くならないブランケットが欲しい。冬は自宅で着る毛布を愛用しているが、夏にそれがなくなると安心感が激減する。ガーゼのブランケットをひざ掛けにしたりしても、やっぱり薄すぎてイマイチである。これもクーラーを効かせた部屋で着る毛布を使ったとしても、空気はものすごく寒いけど毛布の下は暑いみないなことになってしまい、あまり快適ではない。

 

我儘なことばかり書いてしまったが、年中安定供給したいくらいふかふかの安心感は絶大である。

 

先駆けてどんより

晴れていたけど、湿度が高くてじめじめした日だった。梅雨が近づいてくる。

暑い日が増えて、夏っぽいメニューの出番も増えた。先日は今期初の素麺を茹でた。夫の常備しているトマトときゅうりの酢漬けが美味しい。今日の昼食は無印良品のスープカレーを食べた。唐辛子の効果でどんよりした体が元気になる。

 

五月に入ってから低空飛行。ホルモンバランスも乱れている気がする。そわそわと気分が落ち着かなかったり、仕事に対する意欲が低かったり。好きなことだけ考えていたい時もあれば、何も考えずとにかく休みたい時もある。

睡眠導入剤を使えば嫌な夢を見ることなく眠れていたが、ここ数週間は変な夢を見ることが増えている。眠りが浅くなっているみたい。そして昼間に眠い。

四月に頑張りすぎた反動か、それとも季節の影響か。やりたいこととやらなければならないことのバランスを取ることに、疲れが出てきているのだろうなとも思う。モチベーションを保つにしても、決めたことを淡々と進めるにしても、続けていくのは根気がいる。ひと段落したら一息つきたいが、そんな暇があるのか謎である。

とりあえず、週末に向けてスピードをあげて頑張りたい。