あかねの日記

惰性で続けるブログ

言葉にできない

今年もラファウ・ブレハッチのピアノリサイタルに行ってきた。

去年のリサイタルですっかり虜にされてしまい、今年も行くのが当然の如くチケットを購入した。当初の見込みより仕事がハードスケジュールになってしまったが、予定通り行けて本当によかったと思う。

最近はこれを目の前に人参としてぶら下げながら、馬車馬のように働いている気分だった。こんな日に限っての出張を終えたあと、ボロ雑巾さながらの状態で会場にたどり着く。思考回路はショート寸前。

 

最後の方から書いてしまうと、アンコールに三回も出てきてくれたのが嬉しすぎるサプライズだった。「もっと聴きたい」と言わんばかりの期待に満ちた拍手が鳴り止まない。アンコールを重ねるごとにスタンディングオベーションが続出。熱心なファンも多い様子だった。二回目のアンコールの退場後、聴衆が一致団結しダメもとで拍手しまくっていたら三回目も出てきてくれた感じで、それが微笑ましくおもしろかった。

ブレハッチは一見物静かな佇まいなのに、相変わらずところどころの動きがチャーミング。これがあざとかわいいというやつか?全然許せる。真面目そうに弾いていたのから一変、アンコールの演奏は余裕綽々に見えた。

アンコールの演目がこれまた最&高、もとい最高オブ最高だった。ショパンの英雄ポロネーズ、マズルカOp.6-2、軍隊ポロネーズ。今回もポロネーズを聴けるとは思いも寄らなかったので、喰い気味に聴き入った。やはりポロネーズはいい。変な表現だが、CDと同じ音がしていた。そして当たり前だが、CDとは比べものにならないくらい良い響きだった。

プログラムのメインはマズルカ集とピアノ・ソナタ2番だったが、マズルカは前奏に過ぎなかったような気がする。ピアノ・ソナタ2番はとてもよかった。何であんな音が出せるのか、謎技術すぎる。これからしばらくは、手元の音源をリピート再生することになるだろう。

 

たまにルービンシュタインやホロヴィッツの古い演奏動画を見て、この人たちの生音ってどんな感じだったんだろうと考える。聴けるものなら聴いてみたいけど、鬼籍に入っているものはどうしようもない。

なぜ惹かれるのかうまく言葉にできないが、現在を生きているピアニストの中で、毎年チケットを買って聴きに行きたいと思えるのはブレハッチだけだ。

 

懐かしき『まんが版 シャーロック・ホームズ全集』

『まんが版 シャーロック・ホームズ全集』を実家から送ってもらった。私が小学生のときに出版が始まり、新しい巻が出るごとに母に買ってもらっていた。最初に読んだホームズシリーズはこれだった。

今やスピンオフした『犯人の半沢さん』くらいしか読んでいないが、かの『名探偵コナン』がピチピチのニューカマーだった時代で、ホームズ関係の本を多く見かけるようになった時期でもあったとおぼろげに記憶している。

先日購入した森尾登美彦氏の『シャーロック・ホームズの凱旋』が置いてあるのを見て、娘が「シャーロック・ホームズとは誰か?」「本当にいた人なのか?」「おもしろいのか?」といったことを尋ねてきた。

「読んでみたい」というので私は地域の図書館の蔵書検索を行い、娘は学校の図書館を見てみたらしいが、丁度良いレベルのものがなかったり、まばらにしか揃っていなかったり、いつ借りられるか分からなかったりで、何とも中途半端。

子どもの読めるシャーロック・ホームズを揃えていない図書館ってどうなのよと思う一方で、著しく少子化が進み、場所も無ければ金も無い、それが大きく取り沙汰されない世の中なのであれば、衰退するのはやむを得ないと寂しい気持ちになる。

そんなこんなで、とっつきやすくておもしろいとなると、私が実家に置き去りにしていた『まんが版 シャーロック・ホームズ全集』をおいて他に何があろうか。母にメッセージを送ってみると、幸いにも保管されていた。まだまだ物置きとして機能している実家。

表紙のデザインがリニューアルされ、電子書籍に形態を変えながらも、いまだに販売されているのを見つけて感動した。娘もこのおもしろさに目覚めてくれればいいなあと思っている。

 

花粉症検査から血液型性格診断へ

朝から雨。暖かくなってくると、じめっと感も強くなる。

ついに花粉症の薬を処方してもらった。眠くなりにくいやつを二種類。もはや疑いようもなく鼻がずるずるしている。自分が花粉症になる日がくるとは、何だか感慨深い。花粉に鈍感すぎてこの時期の話題に実体験としてついていけない状態を脱し、何だか経験値が上がったような気さえしている。少なくとも今は。

飲み始めたばかりなせいか劇的な効果があったわけではないが、症状は少しにマシになったような気がする。それにしても、どこの年寄りかと思うくらい毎日の薬の種類が増えている。うつ、不眠、花粉症、サプリメントに加え、今はバファリンも手放せない。

身体が休息モードで落ち着いており、雨の音の効果もあってか、仕事に静かに集中できて、無駄に疲弊することもなく、心穏やかに過ごせた。

 

風邪を引いている娘の小児科は、夫に連れて行ってもらった。先日から娘の花粉症らしき症状をどう扱うべきか考えていたが、タイミングよく小児科へ行くことになったため、ついでに血液検査をしてもらった。結果が出るのは来週。

新生児の血液型は正確に判定できないということで、最近は生まれたときに血液検査をしてくれない病院、しても伝えない方針の病院が増えているとのこと。私が出産した病院でも、子どもの血液型については特に言及されなかった。その後も娘の血液検査を行う機会は特に訪れず、長らく血液型不明の状態で過ごしてきたが、間もなく判明することになる。

娘は採血の様子を「針がシャキーンとしてギャーっとなった」と表現し、笑いながら腕の注射あとを見せてくれた。非科学的だけど盛り上がらざるをえない、あの血液型性格診断と照らし合わせられるようになることを楽しみにしている様子である。夫と同じか、私と同じか。結果が気になる。どちらに転んでも「やっぱりね~」となりそう。

 

ぬり絵が捗るしかない

今日は家にひきこもっていた。

昨夜から娘が発熱。昼間は元気よく遊びに出かけていたが、夕食前からしんどそうな様子。初めは花粉のせいでずるずるいってるのかと思いきや、熱を測ってみるとそれなりに高熱だった。しかし、花粉症の症状も出ていることに変わりない。若くして発症してしまうとは可哀想に(夫の遺伝か?)。娘には、食べられるものだけ食べて、すぐにお風呂に入って、早めに横になって休んでもらった。

今日も37度半ばの熱が続いていたが、身体はそこまでつらくないとのことで、家で大人しく過ごしていた。本を読んだり、たまに私とぬり絵をしたり。普段には劣るが食欲もあるようで、夫の作ったおかゆを「おいしい」と言いながら食べていた。学校ではまだまだインフルエンザが猛威を振るっているらしいが、今回の発熱もインフルではなさそう。

私はといえば、ホルモンバランスの波で免疫力が低下しているせいか、花粉の影響をよりダイレクトに受けるようになった。年々酷くなっている気がする。鼻がむずむず、目がしぱしぱ。身体は怠いしお腹は痛いし、今日はやる気が0%。黙々と和のぬり絵に取り組む。先週に引き続き捗った。

午後は二時間ほど、娘と一緒に昼寝。気が付けば夕方。特に何もなかったけど、休めた気はしないまま新しい週が始まる。祝日のお陰で密度の濃い四日間になりそうだが、四日働けば三連休が待っている。頑張りすぎない程度に頑張ろう。

 

母と妹からお菓子をもらう

三寒四温の寒い方だった。

午前中は通院と昼寝で終わった。気温は低いし、天気は曇りだしで、眠気がとれない。

午後は読書で時間が過ぎていった。先週ブログに書いた『戦う姫、働く少女(増補)』を昨日購入したので、主にそれを読んだ。『紅一点論』や『戦闘美少女の精神分析』と並べてみると、切り口やアプローチの違いが鮮明になっておもしろい。

午後四時過ぎ、散歩と称して近所のドラッグストアとスーパーへ。手荒れ対策に使っているメンタームの「メディカルクリーム」が、微妙なところで一冬もたない。一方で、今日買った分は今季中に使いきれそうにないため、来季までしまっておくことになるだろう。

今週は、母・妹それぞれから荷物が届いた。母からはチョコレート二箱と日本酒、隙間にさつまいも。妹からはワッフル&スコーンと、貸していたマンガ。手持ちのチョコレートが少なくなってきたので、お菓子の贈りものは嬉しい。ちょっとずつ食べよう。

夕食は豚の味噌炒めの予定。